BLOG 2019/12/11

Okura Basics.【Total Coordinate】~心を一つに、想いに寄り添う~

Okura

   

皆様こんにちは。京都ホテルオークラ ブライダルプランナーの山口と申します。いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。心より御礼申し上げます。
Okura
今回は、前回に引き続き、京都ホテルオークラの新コンセプト「Okura Basics.」のひとつ「Total Coordinate」を表すミーティングについてご紹介いたします。
ご披露宴の10日前に、当日関わる全てのセクションのスタッフ総勢約15名が集まり、ご新郎・ご新婦の想いを共有し、当日を最良のかたちで迎えるために行うミーティング。異なるセクションのプロフェッショナルが集結することで、一歩踏み込んだより良いご提案や、ご新郎・ご新婦のご希望の背景や親御様の想いなど、様々な情報とアイディアが飛び交います。
あるお客様のミーティングでは、「ご新婦は、お衣裳選びの際、色打掛とご自前の振袖にお色直しされるか長い時間を掛けて悩んでいらっしゃいました。」と、衣裳スタッフから、衣裳が決まるに至った経緯を聞きました。そこには、振袖は親御様がご新婦の成人式の際に仕立てた一着で、当時京都ホテルオークラ内の美容室で着付けをし、ホテル内写真スタジオで撮影をされたという、ご新婦とご家族、そして京都ホテルオークラとのご縁を感じる世界に一つだけのストーリーがありました。
どのような理由、想いがあって当日の衣裳を選ばれたのか、どこからインスパイアを受けてオリジナルの演出を考えられたのか。ご両家の想いが詰まったご披露宴に関わる私たちスタッフは、その想いに寄り添うことで、皆様のご希望を精一杯、叶えるご提案をしたいと考えています。
Okura
最上階 スカイバンケット「アポロン」でのご披露宴で、窓から望む景色が決め手となり当ホテルをお選びいただいたおふたりに対しては、サービススタッフより当日の日没時間と景色の変化から、夕陽が美しいベストタイミングを検討し、通常の進行とは異なる時間帯でカーテンを一斉にオープンするようご提案させていただいたこともありました。後日、ご新郎・ご新婦よりアポロンでの夕刻からの披露宴にこだわって良かった、と改めて御礼のお手紙をいただいたときは、ホテルスタッフの力を結集したからこそ、ご満足いただけたご披露宴だったのだと改めて感じました。
スタッフ一人ひとりができることは限られているかもしれません。しかし、京都ホテルオークラは各セクションのプロフェッショナルが心を一つに、全力でお客様一人ひとりに向き合うことで、私達は常に最高のサービスを目指してご披露宴に携わっています。
おふたりの大切な想いやご希望がございましたら、ぜひ私達にお教えください。京都ホテルオークラのスタッフはご両家の想いを共有し、ともに考え、皆様の大切な一日を最良のかたちで叶えます。
おふたりだけの大切なストーリーを聞かせていただけるその日を、スタッフ一同心より楽しみにお待ち申し上げております。

京都ホテルオークラ ブライダルプランナー 山口


 

その他の新着情報(BLOG)