BLOG 2019/8/14

ウエディングベールのセレモニーについて

ウエディングベールのセレモニーについて

ウエディングベールのセレモニーについて新着情報イメージ1
皆様こんにちは。京都ホテルオークラ ブライダルプランナーの高野と申します。いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。本日はドレスをお召しになった花嫁には欠かせない「ウエディングベール」についてご紹介します。

皆様、なぜ花嫁がウエディングベールを身に付けるのかご存知でしょうか?白のベールは、けがれなく、清らかなものの象徴として、「邪悪なものから身を守るために、身につけるもの」として魔除けの役割があるとされています。純潔な花嫁は魔女にさらわれてしまうという言い伝えがあったため、ベールを身にまとい教会へ向かったそうです。
また挙式では、お母様が花嫁となったご息女の、ベールダウンをなさるセレモニーがございます。お互いに向かい合い、お母様は大事に育ててきたご息女を、花婿に送り出すために身支度の仕上げをなさるシーンで、花嫁は感謝の気持ちでいっぱいになる瞬間です。

京都ホテルオークラのチャペルで執り行う際は、まばゆい光の演出の中でベールダウンを行います。このシーンではおふたりのシルエットが壁に映る様子をご覧いただけるのですがシルエットからも温もりを感じます!
ウエディングベールのセレモニーについて新着情報イメージ2
花嫁が花婿の元へたどり着いてから、ベールアップを行います。ベールは二人を隔てる壁という意味もあり、このベールを花婿が取りはらうことで、晴れて2人は結ばれます。そして、花婿は「これからはベールの代わりに花嫁を守ります」という決意を表します。

一つひとつのシーンがとても温かく、素敵なセレモニーですよね。セレモニーの意味を知ると、挙式の尊さをさらに感じることができます。普段は照れくさくて、なかなか言えない「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えることができる結婚式で、花嫁は大切な方に、ベールダウンセレモニーをお願いされてはいかがでしょうか。

ブログをお読みいただき、誠にありがとうございました。大切な1日がおふたりらしく、最良の1日となりますよう、心より願っております。

 

その他の新着情報(BLOG)