BLOG 2019/3/27

アドリブで伝えてもOK!結婚式当日の挨拶の心得について

アドリブで伝えてもOK!結婚式当日の挨拶の心得について

アドリブで伝えてもOK!結婚式当日の挨拶の心得について新着情報イメージ1
皆さま、こんにちは。京都ホテルオークラ ブライダルプランナーの山口と申します。いつもスタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ご披露宴当日は、新郎・新婦様、主賓、ゲストの方々による挨拶やスピーチを行うシーンが沢山ございます。特に、当日の挨拶と聞いて、皆様が思い浮かべるのは感動的な披露宴の締めに新郎様が行う、本人謝辞でしょうか。

今回は本人謝辞の心得や、押さえておくべき3つのポイントをご紹介いたします。

【本人謝辞の心得 3つのポイント】
1. 構成は「導入」「本題」「結び」で2、3分程度に
2. 今の素直な気持ちを言葉にしてみましょう
3. 会場の皆様の目を見ながら、顔を上げてゆっくりと語りかけましょう
アドリブで伝えてもOK!結婚式当日の挨拶の心得について新着情報イメージ2
構成の「導入」では、まずゲストの皆様に感謝の気持ちをお伝えしましょう。披露宴を締めくくる大切な挨拶の冒頭ですので、出席してくれたゲストの皆様に対して改めて感謝を伝えておきたいですね。

「本題」では今感じていることや思うことなど、素直な気持ちをぜひ言葉にしてみましょう。
事前に原稿を用意して何をお話しするか考えておかれる新郎様が多いと思いますが、当日、感じた言葉をそのままアドリブで話される方も沢山いらっしゃいます!用意した言葉ではない今のリアルな気持ちを、オリジナリティある自分だけの言葉で伝えられるのが、アドリブの良いところです。ただ、当日は緊張できちんと伝えられるか不安な方はあらかじめ、話したい内容の要点だけまとめておいたカンペを手元に持っておくと安心ですよ♪

「結び」はご披露宴の締めのご挨拶です。これからの新生活への抱負と、ゲストの皆様の幸せを願い、改めて感謝の言葉で締めくくりましょう。
アドリブで伝えてもOK!結婚式当日の挨拶の心得について新着情報イメージ3
謝辞に関わらず挨拶やスピーチの際は、会場の皆様と目を合わせながら、ゆっくりと落ち着いてお話いただくと宜しいかと存じます。また、抑揚をつけてお話いただくと、大きな声でお話いただかなくても会場の皆様の心に届き、引き締まったご挨拶の印象になります。

スタッフブログをご覧いただいた皆様にはぜひ、お人柄が感じられ、ゲストの印象に残るような素敵なご挨拶していただけましたら幸いです。また、スタッフ一同、皆様の素敵な結婚式のお手伝いができることを心より楽しみに、お待ち申し上げております。

ブライダルプランナー 山口


◆4/6(土) 開催 【月イチの豪華内容】感動の模擬挙式&記念フルコース試食&特典
◆京都ホテルオークラ ブライダル 公式Instagramはこちら
◆スカイバンケット「アポロン」がリニューアル!会場詳細はこちら

その他の新着情報(BLOG)